So-net無料ブログ作成

TBS『下町ロケット』第5話 日本一わかりやすいあらすじと感想、6話予告 [ネタバレと感想]

昨日の下町ロケット第5話はとてもおもしろかったですね。
プレミア12の放送延長は楽天の松井なんて使うから随分長くかかってしまい視聴率が心配でもありました。
が、驚異の20%越!!

では、どんなあらすじだったのか説明したいと思います。





帝国重工に部品供給するための最後の2つ。
1つは燃焼試験
2つ目は社長の説得

ところが、社長云々の前に燃焼試験が失敗してしまいます。
その原因はなんなのか。

続きはこちらから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

TBS『下町ロケット』第4話 日本一わかりやすいあらすじと感想、5話予告 [ネタバレと感想]

TBS『下町ロケット』も、はや4話。
特許を持っているのは佃製作所。
とういうことで、佃製作所が帝国重工よりも若干有利。




ここで佃の主張と帝国のお願いを復習してみましょう。
佃製作所・・・部品を帝国に供給する
帝国重工・・・全面オリジナルのロケットを作りたい。だから特許を買い取りたい。
帝国重工の財前さんは佃製作所の工場を見学し、すっかり佃の技術に惚れ、佃からの部品供給に賛成です。
しかし周囲は、社長の全面オリジナルロケット作成の意向に逆らうようなことはできないということで、佃からの特許買取をもくろみます。

そこで帝国は製品の審査をし、そこでいちゃもんをつけ不合格にしようともくろみます。
さて、さて、結果はどうなるのか!!

続きはこちらからどうぞ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

下町ロケット ネタバレ あらすじ/第3話 [ネタバレと感想]

下町ロケットのネタバレとあらすじ。
といっても第3回のあらすじと感想を掲載します。

今回第3話はCMでも「今度は帝国重工が佃に襲い掛かる!」とやってましたね。
そんな帝国重工と佃製作所はどう展開していくのでしょうか。
書いていきたいと思います!





帝国重工は「スターダスト計画」を実行中。
スターダスト計画は自社製でのロケット打ち上げ。
期日を決め世界に発表しているために、遅延は許されません。

そのロケットのバルブシステムの特許は佃製作所が持っています。
前回その特許を何とかしたいということで帝国重工が佃製作所にその特許を売ってくれとお願いしたわけですよね。


今回は帝国が再び佃製作所へ出向くところから始まります。
そして、佃の返事はななななんと!!!

特許の売却でもなく、特許の使用許可でもなく、部品供給をするという返答でした。
特許の売却、特許の使用許可、いずれも佃製作所は何もせずにお金をもらうことができる。

しかし、部品供給は欠陥を部品を出せばとんでもないことになり、仕事も増える。
なんでそんなことをするのか? 社員は文句たらたらになるわけです。

社長は制作所の本来の精神とは何か? を考えたときに、「ものを作って売ることが大切」というポリシーに基づいての考えだったんです。



続きはこちらから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。