So-net無料ブログ作成
検索選択

TBS『下町ロケット』第5話 日本一わかりやすいあらすじと感想、6話予告 [ネタバレと感想]

昨日の下町ロケット第5話はとてもおもしろかったですね。
プレミア12の放送延長は楽天の松井なんて使うから随分長くかかってしまい視聴率が心配でもありました。
が、驚異の20%越!!

では、どんなあらすじだったのか説明したいと思います。





帝国重工に部品供給するための最後の2つ。
1つは燃焼試験
2つ目は社長の説得

ところが、社長云々の前に燃焼試験が失敗してしまいます。
その原因はなんなのか。

燃焼試験の失敗原因がはっきりしないままバルブのせいにされる佃製作所スタッフ。

帝国重工曰く
あんたらの作ったバルブでは信用できないので、特許をよこしてくれ。 その特許で新しいバルブをうち(帝国重工)がつくる。

佃は社員総出で、その”はっきりしない原因”をつきとめる。
この突き止めるシーンはなかなかのものです。

そして、工程におけるバルブの前の段階に問題があることを知ります。
これによって佃の濡れ衣がはれました。
この時の佃航平の演説は見事でしたね。

最後は社長の説得。
これには財前さんが大きく後ろ押ししてくれて、社長の説得に成功しました。

かくして、ロケット発射計画「スターダスト計画」は感動の中に終了していきます。
私はテレビの前で号泣!


さて、次週からは佃の技術が医学に貢献します。
また、一波乱あるのだと思いますが、この調子で目が離せない状況です!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。