So-net無料ブログ作成
検索選択

下町ロケット(ドラマ)/阿部寛 [キャスト]

10月18日9時から放送予定のTBS日曜劇場『下町ロケット』の主役はなんといっても阿部寛さん。
阿部寛さん(51)が演じるのは主人公の佃航平です。

今回の投稿では①阿部さん演じる佃航平について ②阿部さんの意気込み ③受賞 ④阿部さんの過去の出演番組においての視聴率 についてお伝えしていきたいと思います。






佃航平について
佃航平は宇宙開発機構の元研究員。
ロケットの研究に情熱を燃やしていたのですが、打ち上げ失敗の責任を取って退職。
現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」の2代目社長です。
会社は倒産の危機に立たされるのですが、経営をめぐって騒動の起きるその最中、捨てきれずにいたロケット開発に目覚めてしまします。

航平は経営の中で宇宙への夢と現実のはざまで奮闘していきます。

阿部寛さんの意気込み
TBSホット情報から引用
私が演じる佃航平という人物は、町工場の社長として社員のことを考えながらも、自分の夢に向かって突き進んでいく男。

自分を貫くということは時として煙たがられてしまうこともありますが、そこで卑屈にならないで、良い物を作っていくという姿勢に役者として共感します。

会社の経営者として、弱いところと強いところを併せ持つ等身大の役を演じるのは初めてなのですが、「佃航平=阿部寛」と思われるような作品になれば嬉しいです。

受賞
2012年以降のみ
阿部寛 - Wikipedia引用

2012年
第20回橋田賞(『坂の上の雲』他)
第34回ヨコハマ映画祭 主演男優賞『テルマエ・ロマエ』
第55回ブルーリボン賞 主演男優賞『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』『テルマエ・ロマエ』『カラスの親指』
第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞『テルマエ・ロマエ』

2015年
第38回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞『ふしぎな岬の物語』[8]
第38回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞『柘榴石の仇討』

関連情報
連ドラ主演は「ゴーイングマイホーム」以来の3年ぶり。このドラマは全話平均7.2%。
これは現在放映中の連ドラでいうと「ど根性ガエル」くらい(7.8%)の視聴率となります。

しかし、阿部寛さんといえば人気映画や人気ドラマを演出する役者さん。
有名な「TRCK」ではスペシャルで24.1%を記録。
「白い春」は平均視聴率12.6%
「ドラゴン桜」は平均視聴率16.4%。
「新参者」は平均視聴率15.2%。
とまさに視聴率の申し俳優!

最近視聴率が取れないTBSは阿部さんにかける期待も高いと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。